Ruby で HTTP のタイムアウト秒数を延ばす []
2009-01-13 Tuesday 22:33 | author : uma4ka 


今まで動いていた Ruby のプログラムがうまく動かなくなった。

デバッグしてみると、HTTP による通信でタイムアウトエラーが起こっている模様。

んで、タイムアウトを回避する方法がないか探してみた。


あった。


Ruby の HTTP タイムアウト秒数を強引に変更する

Ruby では HTTP による通信を行う場合、サーバから一定秒数(デフォルト 60秒)レスポンスが返ってこないとタイムアウトエラーが発生するらしい。

これを 120秒 に変えたい場合、以下のようにすると出来るようだ。
class Net::HTTP
def initialize_new(address, port = nil)
initialize_old(address, port)
@read_timeout = 120
end
alias :initialize_old :initialize
alias :initialize :initialize_new
end

無事、動くようになりました。





関連記事
Loading

Comment(0) | TrackBack(0) | edit

はてなブックマーク - Ruby で HTTP のタイムアウト秒数を延ばす ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。